れんこん[Front Misson Online]
Home
About
BBS
レコン基礎知識
Macro
Recon's BackPack
Parts
Tactics
セクター別攻略
Tips
Link
戦術の前に
=================================
応用知識として
・自分を知る
・味方を知る
・敵を知る
この三つについて確認していきたいと思います。
=================================

自分を知る
 まずは自分達(レコン)の能力について押さえて置きたいポイント。
メカニックやアサルトがフォローしやすい場所にいること・本隊からなるべく離れないこと。
理由:とにかくレコンは耐久性・火力共に弱いにも関わらず敵が一番落としたい敵です。そして最も長く生き延びなければならないジョブです。攻撃を食らったらとにかく救援要請そしてフォローに周りやすい位置に。
センサーを動かす時はL1ボタン
L1を押すと上半身回転が速くなります。
敵に探知した事を知られる条件(アラート):
ECMD・重センサーA(対ECM機能)・ミサイルロック(コーション:注意)・ミサイル発射(ワーニング:警告)
それ以外はメッセージはでません。

○各センサーの感知不能になる条件
センサー機能
(機能)
感知ができない条件 対応策
レーダー
(レーダー内の敵を索敵)
・敵がECM(範囲)を張る
(これでECM範囲内の
敵感知が遮断されるケースが多い)
・レーダーステルスを発動
・頻度が多いECMはセンサーBのソナー問題なくで感知できる
サテライトスキャン
(MAP全体の敵を索敵)
・ECMを張る ・ECMが貼られて無い時に使う
ECMD
(ECMを使う敵を索敵)
ソナー
(音を立てる敵を索敵
ECM使用の敵も索敵)
・敵が動かない
・ソナーステルスを発動
・雨等の悪天候(感度ダウン)
・敵がサポレコン(感度ダウン)
・感度は移動速度に比例
・サイレンサー付き武器の銃声
・動くまで待つ、目視で定期的に周囲を確認
・不動またはソナーステルスはレーダーAの方で問題なく感知できる
トレーサー
(通信中の敵を索敵)

○取り説に書いて無いセンサーの特性
センサー機能 特性
レーダー
サテライトスキャン ・ECMが貼られて無い戦闘開始直後のは発動の狙い目
ECMD
ソナー ・センサーの性能によっては上半身回転も感知できる
・攻撃時・被弾時の音も感知
・レーダーより索敵範囲が広い
トレーサー ・レコン・コムス通信以外も写る(原因は現在不明)
・コムスが映る時はレーダー見てるか要請(ラジオA積んでたら100%爆撃)出している時
(すぐ味方に報告)
共通 ・ECMD・サテライトスキャン使用後のゲージ回復は移動しなければ速くなる(回転はOK)
 移動するとリチャージが遅くなる。
・(※重センサーAのみ)補足した敵のECM範囲をほぼ半減

==お詫び==
前回、敵BGメンバーが敵レコンのセンサーの結果をシェアレーダーから閲覧することで
トレーサーに写ると書きましたが。間違いだったそうです、失礼しました。
原因は今の所不明です。


味方を知る
 レコンは悪魔でサポート役です。前線に出ないことだけでなくメインの攻撃は前衛に任せ
情報収集に徹しましょう。とにかくレコンは火力や回復に秀でた仲間ありきです。
仲間の目線や動きについてまとめていきます。

  • 味方のシェアレーダーはデフォルトから切り替えを行わないとレコンのセンサー結果をみれません。
  • 複数レコンが居る場合は味方のシェアレーダーの枚数が増えます、操作が面倒なのでレーダー結果を見せるだけでなくチャットでの報告も忘れずに。
  • メカニックに回復を頼む時は前方に立って待つように。
  • 目視はできないがレコンのセンサーで感知している敵はロックしても名前が表示されないので特定しづらい

敵を知る
さて次に、自分達のBGだけでなく敵の視点を考えた客観的な視点をみていきます。

  • こちらにミサイラー・自軍にコムスBが居れば敵は真っ先に倒したいのはレコンです。ソロでいると確実に狙われます。
  • スナイパーはレーダーステルスとソナーステルスを重ね掛けできます(目視の確認を頼むか自分でするように) レコンをスナライフルで暗殺してきますのでミサ・メカボディーで耐えて本隊と合流という手もあります。
  • ソナーで捉えた敵は動かなくなるとロックが外れる(センサーによるケーションが出たら止まると治まる時がある) 止まる事もミサイル回避に繋がります。

表記に誤りや不足ありましたらご連絡頂けると助かります。
また情報提供は随時募集しています。
掲示板にて情報提供していただいた皆様に感謝。
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002 SQUARE CO.,LTD. All Rights Reserved.